様々な集客手段

カラーチャート

メディアの宣伝効果を利用したメリット

情報と宣伝は密接な関係にあり、今では様々な集客手段が存在しています。そもそも集客を目的としていた広告宣伝は情報提供への重要性が高くなっているのです。商品が多く存在する昨今では需要と供給のバランスが均等に保てなくなりつつあります。それはお腹がいっぱいの人におにぎりを提供するのと一緒であり、その人の価値観や購買意欲を高めることができないからです。テレビショッピングの売り上げは年々上がっていると言われています。それはメディアを通して情報を提供しているからです。どんな素材で、それを利用するとどのような効果やメリットが買い手側にあるのかを情報として分かりやすく説明しているからです。テレビCMもその1つで目と耳両方にメリットを訴えることができれば、供給側の購買意欲も上がることでしょう。

お得感は値段だけではないのです

新聞の折込チラシやネットで見られるスーパーのチラシ掲載の仕方が変化しているのを感じた方も多いのではないでしょうか。以前までは価格を前面に出した競合他社との値段の差別化が目立ったチラシが多かったのですが、今はメニュー提案型のチラシを良く目にします。これは、買わせるのではなく食べたいものを想像させるためなのです。安い商品を買ってメニューを決めるのではなく食べたいものを想像させることによって値段以外の価値観を提供しているので安くなくても購買意欲が上がるのです。テレビCMも値段はほとんど言いません。この商品を買うことによっての消費者のメリットをアピールしているのです。テレビCMは値段が高いイメージがある方もいるかと思いますが、情報を上手く伝えられずに商品の値段で挑むよりも、テレビCMを利用して情報を的確に説明できればコストとして、価値としても上がると言えるのではないでしょうか。