テレビCMで宣伝

印刷

私達の目にする広告、宣伝

「物を売る」この行いはお金というものが生まれ、商人という職業が現れ始めてからは、私達人間は暮らしていく以上その逆の行い「物を買う」ということは欠かせません。その為にもたくさんの企業が日本にはあります。企業の方は商品の企画はさることながら営業活動にも精を出しています。その中でも最も影響力があるのが広告、宣伝です。どこに行なっても何かしらの企業名を見ないことはないと思います。テレビを見る人は必ずといってテレビCMを一日に何度と見ていることでしょう。テレビCMは耳につく音楽、フレーズなどで人々に覚えてもらうには効果が非常に高いものと思われます。食品などだと食べている姿に美味しそうと思って、食べにいったりすることもあるでしょう。テレビCMは商品全体ではなく断片的なものと捉えた方がいいと思います。どんな物を使っているなど詳細が気になればホームページなどで前情報を知って買いにいくというのは意外と賢明な買い方かもしれません。

イメージから私達の思うこと

一概にテレビCMがただの宣伝かといわれればそういう訳でもありません。著名人や芸能人などが出ているCMは多々あります。芸能プロダクションなどは売り出したい人がいて、イメージが商品に沿えば起用することがあります。こういう、B to B の関係というのもあります。それに付随してついてくるのがイメージの合う芸能人を使うことによって人々に感じさせる購買意欲です。その感じ方は千差万別ですが、いいイメージに超したことはありません。次に重要なのはキャッチコピーです。思わず口にしてしまうようなフレーズ、メロディがあれば尚更です。これはひょっとすると一番肝心な事なのかもしれません。人々の五感に触れさせるのにはこれが良い手法だと思います。人を惹き付ける言葉、音楽この二つが基盤に合って、いいテレビCMというのがやっと出来上がり、私達が目にするのだと思います。